時間はあるけど、お金がないひとのおてもとに。

【料理の節約術】パスタは鍋で茹でるものではなかった

①大きめのフライパンを使えば、パスタの湯で時間が60秒!

 

一人暮らしの序盤は自炊にも力が入っていたことと思いますが、
時間が経つにつれて冷凍食品やインスタントなど、
なるべく手間がかからない料理ばかり食べてしまいますよね。

特に、手軽で低コストでバリエーションも豊富な「パスタ」に
我々大学生は何度もお世話になっています。

しかし、手軽とはいえど、いちいち大量のお湯を沸騰させるとなると
ガス料金が…、そんな不安を解消させるための節約術があります!

 

底が深い鍋をフライパンに変えるだけで節約に?!

茹で時間3分のパスタも大きなフライパンなら、1分で大丈夫。
ガスの資料量も、深底の鍋より大幅に抑えることができます。

お湯が沸騰してきたらパスタをほぐしながら入れ、1分ほど茹でた後に
規定の湯で時間まで、火を止めて蓋をします。

いつもは3分ぐつぐつ沸騰させていたままだったものが、
このやり方であれば茹で時間を大幅に短縮できます
それに加えて、そばを茹でる時も水の量は半分で大丈夫です。

沸騰するまでの時間はこれまでの5分の1、
茹で時間は4分の1になるため、
学生からすると目から鱗な節約術です。

1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です