【お知らせ】プロフィールを更新しました

【節約】財布が潤う!大学生がミニマリストになるべき理由

バイト・授業・サークル。大学生はなにかとやることがたくさん。ふと財布を開けるとカツカツに…。そんな大学生にこそ「ミニマリスト」になることオススメします!

ミニマリストになることによって、あなたの財布に潤いが戻ること間違いなしですし、なによりも質の良いものを選択することは将来の自分への投資にもなります。

今回の記事では、現役大学生で約1年間ミニマリズムを実践しているブログ著者が、その経験をもとに、大学生がミニマリストになるべき理由について書いていきます。

大学生がミニマリストになるメリット

やりたいことに集中できる

ミニマリストの根本にある考え方は「必要最小限の暮らし」を実現することで、足るを知り、本当に自分に必要なモノ・コト飲みに集中して自身の人生を楽しくしようというもの。

この生活様式を実際に自身のライフスタイルに取り入れる方の多くは、日々の生活やこれまでの人生において「モノ・コト」に依存してきた原体験がある方、もしくは自分のやりたいコトに集中したいといった価値観がある方ですよね。

しかし「学校」という場は誘惑が多いため、やりたいコトに集中できなくなってしまい、結果として4年間の学費をドブに捨ててしまうコトになりかねません。

そこで大学生のうちに「本当に必要なモノ・コト」に集中して生きることを意識して生活すれば、入学当時掲げた目標もブレづらくなるのです。

また家にあるモノが少ないと、身支度や物を探す時間が削減されます。当日提出のレポートを家で無くして、授業に遅れることもなくなるワケですね。

やりたいことに集中できる理由
  • 何事も「自分にとって本当に必要か」を考えるクセがつくため
  • 家のモノを最小限にすると身支度やモノを探す手間が省けるため

人に覚えてもらいやすい

入学当時に友達になったけど時間が経つにつれ会わなくなってしまい、その人の名前、ゆくゆくは存在をも忘れてしまう…そんなことありませんか?非常に悲しいですよね。すれ違いざまに挨拶した方が良いのかと心理戦が繰り広げられるアレです。

そのような場合にも入学当時からミニマリズムを一貫し服を制服化しておくと、ひとから覚えられやすくなります。

同じ服を着ることによって、遠くから見ても誰かがわかりやすく、長期的なイメージづけもはっきりします。漫画やアニメのキャラなんて、毎日同じ服を着ているからこそキャラ立ちがはっきりするわけで。

何百、何千と人がいる大学という機関において認知度の生存競争に勝つために「派手で高級な服を何着も買って着回すよりも、同じ種類の服を着まわして印象づけた場合」の方が戦略的で、なにより経済的と言えます。

人に覚えてもらいやすい理由
  • 私服を制服化することによって顔と服がリンクし、相手にとって覚えやすいため
  • 遠くから見てもシルエットで判断でき、友達から気づいてもらえる可能性が高まるため

質の良い商品を長く使うことができる

ミニマリストになって生まれる恩恵で1番大きいのがコレ。東大からFラン、超えられない壁を唯一超えるとされる全大学生共通のメリットです。

所有する商品の質を極限までこだわることによって、1つのものをより長く使うことができる。毎年、ファッションのトレンドに合わせて服を買っているとその年ごと毎に出費…。結構な痛手ですよね。

服に限らず、電化製品やガジェット、家具なども安くて故障しやすいものを使うよりかは、少し根は張るけどできるだけ質の良いモノを買った方がいい。

なによりもずっと使えるモノは大学生活のみに限らず、新社会人になってからでも使える!「良いものを購入して長く使う」ことは、いわば最大の自己投資であり、節約でもあるのです。

質の良い商品を長く使うことができる理由
  • こだわりのモノを大切にする習慣が身に付くため
  • 本当に質の良い商品は丈夫で長く使えるため

大学生ミニマリストが捨てるべきもの三選

飲み会、無駄な遊び

大学に入ると何かと飲み代や遊び代にお金がかかってきます。ウェブメディア「タウンワークマガジン」によると、一月あたり大学生は飲み会に1.7回参加し、その度に平均3,167円の出費があるのだそう。

単純計算でも1年間その支払いを続けていたら38,004円かかる計算になりますよね。春であれば新入生歓迎会やサークルの新歓など、それ以上の出費がかかることも予想されます。

また「大学生の娯楽費」は月々、平均約2万円とされており、こちらも単純計算で一年で24万円かかってしまう。

もちろん、交友関係の幅を広げるために飲み代や遊び代に出資するのは悪いことではありませんが、自分がやるべきことはなにかと考え続けていれば

無駄な遊びや飲み会の場に行かない勇気が生まれ、少しでもお金を浮かすことができます。浮いたお金を使って、本当に自分がやりたいことにお金を使いましょう。

僕もこれまでたくさんの飲み会や遊びの場にいってきましたが、正直何も考えずにその場にいて残ったのは、なんとも言えない空虚な感情のみでした。みなさんにはそんな思いして欲しくない。

僕の友達には飲み会や無駄な遊びに行きすぎて単位を落とし、留年してしまったひともいます。今や消息不明です。

そもそも、酒がなければ良いコミュニケーションを生み出せないコミュニティに時間を使う意義ないですし…

目的のない酒の場、遊びなんて時間の浪費でしかありません。年間何百万で時間を買っているのに、無駄なコトできるはずありません。一方、しっかりとした目的のある遊びや飲みの場ももちろんあるのでその時は臨機応変に。

無駄な飲み会、遊びを捨てるべき理由
  • 大学は圧倒的に無駄な誘惑が多いため
  • なんでもかんでも場に行きすぎると自分のやりたいコトがわからなくなるため
  • 酒の場で有意義な時間を使える可能性は極端に少ないため

ファッション

ここについては価値観の問題ですし、完全に否定するわけではありません。しかし実際問題、年近郊の大学生が一月ごとに洋服にかかる金額は、とあるネット記事によると平均約三万円とされています。(1カ月の洋服代は3万円⁉ 男子大学生の”ファッション”事情!2019春より引用)

月に三万円となると大学生にとっては痛い出費ですよね。なるべく抑えておきたい。最先端のファッションや高級ブランドを着ないと恥ずかしい…その気持ちめちゃくちゃわかります。

しかしながら、僕は「ファッションにこだわりを持つな」と言っているのではありません。究極にこだわるべきだと言いたいのです。

考えずに欲しいモノを買ってしまうことが悪なのであり、本当に必要なモノであればどんどん買うべきです。必要な服を必要な分だけ購入して、足るを知る。

そうすることによって、自分の好きな服の特性について深く考えることができますし、なによりも毎朝服を選ぶ時間が少なくなります。

…と言ってもどのように服を選べば良いかわからない人もいると思うので、ミニマリストインフルエンサーヲタクの僕が「服を選ぶコツ」を紹介していきます。(ソースは有名インフルエンサー。)

ミニマリスト流、より良い服を選ぶためのコツ
  • ミニマリストが着ているものを徹底的にパクれ
  • デザインよりも機能性を重視せよ
  • アウターはアウトドア系のブランドで買え
  • 下着と靴下は地味でいい!機能性と耐久性とコスパで選べ
  • 絶対に試着をすること
  • 流行りのファッション誌よりもインフルエンサーが良いと言っているモノを買え

ミニマリストになりたい人が、必ずと言って良いほど最初に購入するTシャツがあります。シャツに迷ったらとりあえずコレ買っとけの商品。この際なんで紹介しておきますね。

高い固定費

大学生が1ヶ月あたりに使う固定費はこちらです。

項目料金相場(1ヶ月)
家賃2万円~8万2,000円
光熱費3,500円~1万2,000円
食費2万5,000円~3万5,000円
通信費1万円~1万5,000円
娯楽・交際費1万円~1万5,000円
雑費1万円~2万円
合計7万8,500円~17万9,000円

大学生の一人暮らしにかかる費用と毎月の生活費はどれぐらい必要?より引用

必要最小限を意識すれば、全ての固定費を全体的に下げることも可能です。特にスマホの通信量はSIMフリーにすることによってグッと下げれます。

固定費を大学生のうちからこだわっておくと、その知識は一生モノになります。全て業者やテレビCMの通りにするのではなく、情報を取捨選択して通信キャリアを選ぶようにしましょう。

ミニマリスト大学生がこだわるべきもの

家電

ユーチューブを見ている人なら一度はご覧になったことがあるであろう「まこなり社長」。彼をはじめとしたビジネス系ユーチューバーはほとんどが、自らの価値の一つに「効率性」をおいています。

実際に彼らのほとんどが要素的なミニマリストであることも事実です。そんな彼らが口を揃えてオススメしている家電が「乾燥機付き洗濯機」です。

洗濯物を洗って干す作業は、技術が発展した現代社会において省くべき手間であることは言うまでもありませんよね。ここは絶対に自動化した方が良いポイント。

少しばかり値は張りますが、メンテナンスを怠らない限り末長く使える商品ですし、なによりも生まれた時間で自分のやりたいコトをやる時間が増えるのでベストバイな商品です。

また、乾燥機付き洗濯機の他にもこだわるべき家電がたくさんあるので、こちらも有名ミニマリストがおっしゃっていたモノをあげていきます。

ミニマリスト流、こだわるべき家電
  • 乾燥機付き洗濯機
  • 自動掃除機
  • 部屋の照明「ポップインアラジン」

↑ポップインアラジンとは、部屋の照明とAndroidOSが入ったプロジェクター。コレさえあればテレビも時計も必要ありませんし、天井につけているため、部屋が散らかる心配もありません。

ガジェット

必要以上の物を買わずに浮いたお金を使って高機能のガジェットを買うことをオススメします。例えば、Googleフォームなどを使えば家の家電をIOT化させることができ、外出中に洗濯機を回したり、エアコンを自動でつけることも可能になります。

その中でも特に「玄関の鍵が必要なくなるガジェット」がすごい。キュリオロックと言って、玄関の鍵の部分に取り付けるだけで自動開閉可能になると言った品物です。

家賃を低めに抑えてしまうと玄関の扉の鍵がオート仕様じゃない場合があり、その時にいちいち鍵を持ち運びしなくても良くなります。結構おすすめですね。鍵をなくして不動産屋に鍵もらいにいくのは、避けたいですし…。

テープは取り外し可能ですので、引越し先でも使用することができますよ。

ミニマリスト流、ガジェットをこだわるべき理由
  • テクノロジーこそ、無駄を最小限に抑えるためのツールであるため
  • 時代の最先端を知ることで便利をとことん追求できるため

自分のやりたいことに集中できているか

…もう結論ここが全てです。これまでミニマリストになる方法やオススメのグッズなどを紹介してきましたが、何よりも大切なのは「自分のやりたいことに集中できているか」です。

まず今一度、自分は何をしたいのか何に興味があるのかを知る必要があります。そこを追求してようやく、無駄なものが見えてくるはずです。

心の底からやりたいことだけやっていれば、自ずと無駄な出費は減り、ゆくゆくはあなたの財布に潤いが戻ることでしょう。

まとめ

やりたいことを追求し続ければ、自ずと「自分に本当に必要なコト」が見えてくるはずです。そこさえ理解できれば、無駄な出費も減っていきます。

ミニマリストになると言うことは、出費を最低限に抑えれるということ。

何ものにも変えがたい学生生活。この尊い時間のなかでも、自分のやりたいことってなんだろうと追求していくことは大切ですよね。

さあ、あとはみなさんが身の回りのものを最小限にする番です。大学生ミニマリストになって有意義な学生生活を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です